徒然草 第四十五段

現代語訳

 藤原公世、従二位の兄さんで良覚僧正とか言った人は、大変へそ曲がりだったそうだ。

 彼の寺には大きな榎の木があったので、近所の人は「榎木の僧正」と呼んでいた。僧正は、「変なあだ名を付けやがって、ふざけるな」と怒って、その榎の木を伐採した。そして、切り株が残ったので「きりくいの僧正」とあだ名を付けられた。すると僧正はますます逆上して、今度は切り株までも掘りおこした。そして大きな堀ができた。その後、僧正は「堀池の僧正」になった。

原文

 公世(きんよ二位(にゐのせうとに、良覚僧正(りやうがくそうじやうと聞えしは、(きはめて腹あしき人なりけり。

 (ぼう(かたはらに、大きなる(の木のありければ、人、「榎木僧正(えのきのそうじやう」とぞ言ひける。この名然るべからずとて、かの木を(られにけり。その根のありければ、「きりくひの僧正」と言ひけり。いよいよ腹立ちて、きりくひを堀り捨てたりければ、その跡大きなる堀にてありければ、「堀池(ほりけ僧正」とぞ言ひける。

注釈

 公世(きんよ二位(にゐ

  藤原公世。箏の名手。十二位の位だけ有り、役職がなかったので、このように呼ばれた。

 良覚僧正(りょうがくそうじょう

  比叡山の大僧正で歌人。

SNSでもご購読できます。