徒然草 第六十六段

現代語訳

 近衛家平は、またの名を岡本関白とも言う。家平は、家来の親衛隊長、鷹匠の下毛野武勝に「捕らえた夫婦の雉を二羽、満開の梅が咲きこぼれる枝に結び付けて、ワシによこせ」と言った。武勝は、「花の枝に鳥を縛り付ける方法も、一本の枝に二羽の鳥を結び付ける方法も知りません」と突っぱねた。何としても、梅に夫婦の雉を緊縛したい家平は、料理人や、雉の献上方法に詳しい人間にも聞いてみたが、誰も知らなかった。仕方なく、武勝を呼び出して「だったら、お前が考えろ」と命令した。すると、武勝も「厭です」と言うわけにもいかず、花が散った梅の枝に雉を一羽だけ縛り付けて持参した。

 伝統に従い献上した武勝が弁解するには「ご主人様から預かっております鷹の獲物の雉を献上するには、雑木林で伐採した木の枝や、梅でしたら、蕾の枝、花の散ってしまった枝に緊縛します。五葉松に緊縛することもあります。枝の長さは一メートル八十センチから二メートルまでとし、切り口は斜に切り、反対側を二センチ削ってV字に整えます。次に、枝の真ん中に雉を一羽だけ立たせます。雉が倒れないよう固定する枝と、足を留める枝が必要になります。つづら藤の蔓を割らないように使って、二カ所を固定します。藤の蔓の先端は火打ちの羽と同じ長さに切り、牛の角を真似て結びます。初雪の朝、その枝を肩に背負って、わざとらしく門をくぐります。飛び石を飛んで、初雪に足跡を付けないよう注意して、雉のうぶ毛を少しだけ散りばめて歩きます。二棟造りの欄干に枝を立て掛けます。褒美の着物を頂いたら、それを襷掛けにして、一礼して退散します。靴が埋まらない程度の積雪でしたら出直します。雉のうぶ毛を散らしたのは、ご主人様から預かっている鷹が、雉の弱点を狙って狩りをした証拠です」と、尤もな事を、教科書の朗読のように言って誤魔化した。

 満開の梅の枝に、なぜ雉を緊縛しなかったのだろうか。九月頃、造花の梅に雉を縛って「あなたのために手折った梅なので、秋でも花が満開です」と、キザな短歌を作った話が『伊勢物語』にもあった。イミテーションなら問題ないのだろうか。

原文

 岡本関白殿(おかもとのくわんぱくどの、盛りなる紅梅の枝に、鳥一双(いつさうを添へて、この枝に(けて(まゐらすべきよし、御鷹飼(おんたかがひ下毛野武勝(しもつけののたけかつに仰せられたりけるに、「花に鳥(くる(すべ、知り候はず。一枝(ひとえだに二つ付くる事も、存知(ぞんちし候はず」と申しければ、膳部(ぜんぶに尋ねられ、人々に問はせ給ひて、また、武勝に、「さらば、己れが思はんやうに付けて参らせよ」と(おほせられたりければ、花もなき梅の枝に、一つを付けて参らせけり。

 武勝(たけかつが申し(はべりしは、「柴の枝、梅の枝、つぼみたると(りたるとに(く。五葉(ごえふなどにも(く。枝の(ながさ七尺、或は六尺、返し刀五分に切る。枝の(なかばに鳥を(く。(くる枝、(まする枝あり。しゞら(ふぢの割らぬにて、二(ところ付くべし。藤の(さきは、ひうち((たけ(くらべて(りて、牛の角のやうに(たわむべし。初雪の(あした、枝を(かたにかけて、中門(ちゆうもんより振舞(ふるまひて参る。大砌(おほみぎりの石を伝ひて、雪に跡をつけず、あまおほひの毛を少しかなぐり散らして、二棟(ふたむね御所(ごしよ高欄(かうらん((く。(ろく(ださるれば、(かた(けて、拝して退(しりぞく。初雪といへども、(くつのはなの隠れぬほどの雪には、(まゐらず。あまおほひの毛を(らすことは、鷹はよわ(ごしを取る事なれば、御鷹の取りたるよしなるべし」と申しき。

 花に鳥(けずとは、いかなる(ゆゑにかありけん。長月(ながつきばかりに、梅の作り枝に(きじを付けて、「君がためにと(る花は時しも(かぬ」と(へる事、伊勢物語(いせものがたりに見えたり。(つくり花は(くるしからぬにや。

注釈

 岡本関白殿(おかもとのくわんぱくどの

  近衛家平。関白で岡本殿と号した。

 御鷹飼(おんたかがひ

  鷹を育てて鷹狩をする近衛兵。

 下毛野武勝(しもつけののたけかつ

  近衛兵の隊長。岡本関白の父の時代から家来として仕えた。

 膳部(ぜんぶ

  岡本関白の住み込み料理人。

 五葉(ごえふ

  五枚葉の松。

 返し刀

  枝を切る際に、片方を斜に大きく切り、反対を切るときに切り口を整えること。

 しゞら(ふぢ

  蔓藤(つづらふじの別名。

 ひうち(

  鷹の翼の下にある小さな羽。

 中門(ちゆうもん

  寝殿造の対屋から泉殿・釣殿の郭の中にある門。

 振舞(ふるま

  大げさな身振りをする。

 大砌(おほみぎりの石

  軒下に敷いた石畳。

 (ろく

  褒美にもらう品物。通常は衣類である。

 御鷹

  主人から預かっている鷹。

 君がためにと(る花は時しも(かぬ

  「我がたのむ君がためにと折る花は時しも分かぬものにぞありける」(『伊勢物語』第九十八段より)私が主人として全てを捧げた君主のために折った花です。秋の季節にも変わらず梅の花を咲かせているのは、私の変わらない忠誠心です。「時しも」の中に「雉」を織り込んでいる。

 伊勢物語(いせものがたり

  平安時代初期の歌物語。主人公は在原業平がモデルとされる。

SNSでもご購読できます。