徒然草 第百三段

現代語訳

 大覚寺の法皇御所で、側近どもが「なぞなぞ大会」をやっていた。そこへ医者の丹波忠守がやってきた。そこで三条公明が「忠守は、我が国の人間には見えないけど、どうしてか?」という問題を作ったら、誰かが「中国の医者」と答えて笑い合っていた。「からいし」は、中国製の徳利である「唐瓶子」と、没落した「平氏」を掛けた駄洒落なのだが、ドクターは非道くご立腹の様子で、そこから立ち去った。

原文

 大覚寺(だいかくじ殿(どのにて、近習(きんじふの人ども、なぞなぞを作りて(かれける(ところへ、医師(くすし忠守(ただもり参りたりけるに、侍従大納言(だいなごん公明卿(きんあきらのきやう、「我が(てうの者とも見えぬ忠守かな」と、なぞなぞにせられにけるを、「唐医師(からへいじ」と(きて笑ひ合はれければ、腹(ちて退り(でにけり。

注釈

 大覚寺(だいかくじ殿(どの

  蓮華峰寺御所。京都市右京区嵯峨にある。

 近習(きんじふ

  (後宇多)法皇の側近。

 医師(くすし忠守(ただもり

  丹波氏。宮内卿。中国からの帰化人の子孫で『源氏物語』の注釈家。

 侍従大納言(だいなごん公明卿(きんあきらのきやう

   三条公明。歌人。

SNSでもご購読できます。