徒然草 第百二十三段

現代語訳

 無駄な時間を過ごすのは、馬鹿者とか勘違い人間と言うに値する。国のため、経営者のためと、やりたくない事をやる羽目になる時は結構ある。その結果として、自分の時間は情けないほど少なくなる。よく考えてみれば、人として生きていくために必要な事と言えば、一つ目は、食べ物、二つ目は、衣服、三つ目に住居ぐらいである。世間で大切と思われている事は、この三つ以外クソと同じだ。餓死せず、凍死せず、雨風しのいで、静かに過ごせるならそれで良いではないか。しかし、人間は誰でも病気になる。病に冒されると苦しくて仕方がない。そこで医療も忘れるわけにはいかない。衣食住に薬を加えて、四つのことがままならないのを貧乏という。四つが何とかなれば裕福という。四つ以外の物欲を満たすのを強欲という。この四つ、爪に火を灯して生きていけば、誰だって「満たされない」などと思うだろうか?

原文

 無益(むやくのことをなして時を移すを、(おろかなる人とも、僻事(ひがことする人とも言ふべし。国のため、君のために、(むことを得ずして為すべき事多し。その余りの(いとま(いくばくならず。思ふべし、人の身に止むことを(ずして(いとなむ所、第一に食ふ物、第二に着る物、第三に(る所なり。人間の大事、この三つには過ぎず。(ゑず、寒からず、風雨に(をかされずして、(しづかに過すを(たのしびとす。たゞし、人皆病あり。病に(をかされぬれば、その愁忍び難し。医療を忘るべからず。薬を加へて、四つの事、求め得ざるを貧しとす。この四つ、欠けざるを富めりとす。この四つの外を求め営むを(おごりとす。四つの事倹約ならば、誰の人か(らずとせん。

SNSでもご購読できます。