徒然草 第百二十四段

現代語訳

 是法法師は浄土宗の僧侶の中でも一目置かれる存在でありながら、学者ぶったりせず、一心不乱に念仏を唱えていて、心が平和だった。理想的な姿である。

原文

 是法(ぜほふ法師は、浄土宗に恥ぢずといへども、学匠(がくしやうを立てず、たゞ、明暮(あけくれ念仏して、安らかに世を過す有様、いとあらまほし。

注釈

 是法(ぜほふ法師

  『徒然草』が執筆された時代の僧で歌人。

 浄土宗

  法然上人(第三十九段参照)を宗祖とする宗教。

SNSでもご購読できます。