徒然草 第百五十三段

現代語訳

 京極為兼が逮捕され、兵隊に取り囲まれながら豚箱に連行された。日野資朝が、羨望の眼差しで見つめながら、「ああ、とても羨ましい。この世に生まれた想い出に、私もあんな目に遭ってみたい」と呟いたそうだ。

原文

 為兼大納言入道(ためかねのだいなごんにふだう((られて、武士どもうち囲みて、六波羅(ろくはら(て行きければ、資朝卿(すけとものきやう、一条わたりにてこれを見て、「あな(うらやまし。世にあらん思い(、かくこそあらまほしけれ」とぞ言はれける。

注釈

 為兼大納言入道(ためかねのだいなごんにふだう

  京極為兼。定家の子孫にあたる歌人。二度にわたって島流しにされる。

 六波羅(ろくはら

  六波羅探題。京都の守護、近畿地方の政治、軍事を総括した役所。

 資朝卿(すけとものきやう

  百五十二段に登場した日野資朝。後に夢が叶う。

SNSでもご購読できます。