徒然草 第百六十三段

現代語訳

 陰陽道で言う、陰暦九月の「太衝」は、「太」の字に点を打つべきか、打たぬべきか、専門家の間で論争になったことがある。盛親入道が言うには、「阿部吉平の直筆占い本の裏に書かれた記録が近衛家に残っています。そこには点が打ってありました」とのことだ。

原文

 太衝(たいしようの「太」の字、点打つ・打たずといふ事、陰陽(おんみやう(ともがら相論(さうろんの事ありけり。盛親(もりちか入道(にふだう申し(はべりしは、「吉平(よしひらが自筆の占文(せんもんの裏に書かれたる御記(ぎよき近衛関白殿(このゑくわんぱくどのにあり。点打ちたるを書きたり」と申しき。

注釈

 太衝(たいしよう

  陰陽道での陰暦九月の呼び方。

 陰陽(おんみやう(ともがら

  陰陽道の仲間達。

 盛親(もりちか入道(にふだう

  伝未詳。「入道」は、中年の隠遁者。

 吉平(よしひら

  安倍晴明の子。陰陽博士。

 近衛関白殿(このゑくわんぱくどの

  近衛家の関白。この話では、第百二段の近衛経忠。

SNSでもご購読できます。