徒然草 第百七十四段

現代語訳

 スズメ狩りに向いている犬をキジ狩りに使うと、再びスズメ狩りに使えなくなると言う。大物を知ってしまうと小物に目もくれなくなるという摂理は、もっともだ。世間には、やることが沢山あるが、仏の道に身をゆだねることよりも心が満たされることはない。これは、一生で一番大切なことである。いったん仏の道に足を踏み入れたら、この道を歩く人は、何もかも捨てることができ、何かを始めることもない。どんな阿呆だとしても、賢いワンちゃんの志に劣ることがあろうか。

原文

 小鷹(こたかによき犬、大鷹(おほたかに使ひぬれば、小鷹にわろくなるといふ。大に(き小を捨つる(ことわり、まことにしかなり。人事(にんじ多かる中に、道を楽しぶより気味(きみ深きはなし。これ、(まことの大事なり。一度、道を聞きて、これに志さん人、いづれのわざか(すたれざらん、何事をか営まん。愚かなる人といふとも、賢き犬の心に劣らんや。

SNSでもご購読できます。