徒然草 第百七十九段

現代語訳

 中国に留学した道眼和尚は、仏教聖典を持ち帰った。六波羅の側にあるヤケノという場所に祭壇を造って保管した。特に座禅の集中講義を行ったので、その寺を「ナーランダ」と名付けた。

 その上人が、「インドのナーランダの門は北向きだと、大江匡房の説が伝えられている。しかし、玄奘や法顕のルポには書かれていない。その他にも書いてある物を読んだことがない。大江匡房は、何を根拠にしたのだろうか。信用ならん。中国にある西明寺の門は、もちろん北向きだ」と言っていた。

原文

 入宋(につそう沙門(しやもん道眼上人(だうげんしやうにん一切経(いつさいきやう持来(ぢらいして、六波羅(ろくはらのあたり、やけ野といふ所に安置(あんぢして、(こと首楞厳経(しゆれうごんぎやうを講じて、那蘭陀寺(ならんだじ(かうす。

 その(ひじりの申されしは、那蘭陀寺は、大門北向きなりと、江帥(がうそちの説として言ひ伝えたれど、西域伝(さいゐきでん法顕伝(ほつけんでんなどにも見えず、更に所見なし。江帥は如何なる才学にてか申されけん、おぼつかなし。唐土(たうど西明寺(さいみようじは、北向き勿論(もちろんなり」と申しき。

注釈

 入宋(につそう沙門(しやもん

  中国に渡った僧。「沙門」は仏門に入った僧のこと。

 道眼上人(だうげんしやうにん

  元から帰国した禅僧。

 六波羅(ろくはら

  六波羅探題。京都の守護、近畿地方の政治、軍事を総括した役所。

 やけ野

  未詳。

 首楞厳経(しゆれうごんぎやう

  別名を『中印度那蘭陀大道場経』といい、禅法の基本と菩提心の取得を説く。

 那蘭陀寺(ならんだじ

  インドにはナーランダと言う、仏陀が悟りを開いた聖地がある。

 江帥(がうそち

  太宰帥、大江匡房のこと。漢学者、歌人、有識者。権中納言、太宰権帥。

 西域伝(さいゐきでん法顕伝(ほつけんでん

  『大唐西域記』『大唐西域伝』『西域記』とも呼ばれ、唐代の記録書。法顕伝は、法顕による旅行記。

 西明寺(さいみようじ

  唐の都、長安にあった大寺。印度の祇園精舎を真似て造られた。

SNSでもご購読できます。