徒然草 第二百十四段

現代語訳

 想夫恋(そうふれんという楽曲は、女が男に恋い焦がれるという意味ではない。元は「相府蓮(そうふれん」という。つまり当て字である。晋の王倹が大臣だった時、家に蓮を植えて愛でながら、鼻歌交じりに歌った曲なのである。以後、中国の大臣は「府蓮」と呼ばれるようになった。

 「廻忽(かいこつ」という楽曲も、本来は「廻鶻(かいこつ」だった。廻鶻国という、強力な蛮族の国があった。その国の人が、中国に征服された後に、ふるさとの音楽として演奏していたのだ。

原文

 想夫恋(さうぶれんといふ(がくは、女、(をとこ(ふる(ゆゑの名にはあらず、(もと相府蓮(さうふれん、文字の(かよへるなり。(しん王倹(わうけん、大臣として、家に(はちすを植ゑて愛せし時の(がくなり。これより、大臣を蓮府(れんぷといふ。

 廻忽(くわいこつ廻鶻(くわいこつなり。廻鶻国とて、(えびすのこはき国あり。その夷、漢に(ふくして(のちに、(きたりて、己れが国の(がくを奏せしなり。

注釈

 想夫恋(さうぶれん

  雅楽の曲名。琵琶で演奏される楽曲、あるいは舞曲。

 (しんの王倹

  南斉の人物。宋の明帝に仕えた。(晋は、兼好法師の誤り)

 廻忽(くわいこつ

  唐楽の曲名。

 廻鶻(くわいこつ

  トルコ系の部族で、ウイグル。

 (えびす

  未開の外国部族。

SNSでもご購読できます。