徒然草 第二百十九段

現代語訳

 四条大納言が「豊原竜秋という奴は、管楽器の分野においては神様のような存在だ。奴が先日、こんなことを言った。『浅はかで、口にするのも恥ずかしいのですが、横笛の五番の穴は、いささか信用ならないと秘かに思っているのです。何故かと申せば、六番目の穴は、ミカンのミに近い音で、その上の五番目の穴は、変ト調です。その二つの穴の中間に、ファイトのファがあります。その上にある穴はアオイソラのソで、次の穴の中間がシアワセのシ、二番目の中の穴と一番目の六の穴の間は神聖な音です。このように、どの穴も、穴と穴の間に半音階を潜ませているのに、五番目の穴だけは上の穴との間に半音がありません。それでいて、他の穴と同じ間隔で並んでいるのです。ですから、五番目の穴からは、不自然な音が出ます。この穴を吹く時は、必ず口をリードから離して吹かなければならないのです。それが上手くできないと、楽器が言うことを聞いてくれません。この五番目の穴を吹きこなせる人は滅多いないのです』などと。さすがであり、勉強になった。先輩は後輩を畏れよとは、このことであるな」と、おっしゃった。

 後日、大神景茂が「笙の笛は調律済みの物を手にするのだから、適当に吹いていれば音が出る。笛はブレスで音を調整する。どの穴にも吹き方があり、しかも、演奏者は自分の癖を考えて調整するのだ。用心して吹くのは、五番目の穴だけではない。竜秋のように、ただ単に口を離して吹けば済むなどという簡単なことではないのだ。適当に吹けば、どの穴も変梃な音が出るに決まっている。音の調子が、他の楽器と合わないのは、楽器に欠陥があるのではなく、演奏者に問題があるのだ」と、言った。

原文

 四条黄門(しでうのくわうもん命ぜられて云はく、「竜秋(たつあきは、道にとりては、やんごとなき者なり。先日(きたりて云はく、『短慮の至り、極めて荒涼(くわうりやうの事なれども、横笛の五の穴は、聊かいぶかしき所の侍るかと、ひそかにこれを存ず。その(ゆゑは、(かんの穴は平調(ひやうでう、五の穴は下無調(しもむでうなり。その(あひだに、勝絶調(しようぜつでうを隔てたり。(しやうの穴、双調(さうでう。次に、鳧鐘調(ふしようでうを置きて、(さくの穴、黄鐘調(わうしきでうなり。その次に鸞鏡調(らんけいでうを置きて、(ちゆうの穴、盤渉調(ばんしきでう、中と六とのあはひに、神仙調(しんぜんでうあり。かやうに、間々(ままに皆一律(いちりつをぬすめるに、五の穴のみ、(しよう(あひだに調子を持たずして、しかも、((くばる事等しき故に、その声不快なり。されば、この穴を吹く時は、必ずのく。のけあへぬ時は、物に合はず。吹き(る人難し』と申しき。料簡(れうけんの至り、まことに興あり。先達(せんだつ後生(こうせい(おそると云ふこと、この事なり」と侍りき。

 他日に、景茂(かげもちが申し侍りしは、「(しやうは調べおほせて、持ちたれば、たゞ吹くばかりなり。笛は、吹きながら、息のうちにて、かつ調べもてゆく物なれば、穴毎に、口伝(くでんの上に性骨(しやうこつを加へて、心を(るゝこと、五の穴のみに限らず。偏に、のくとばかりも定むべからず。あしく吹けば、いづれの穴も心よからず。上手(じやうずはいづれをも吹き合はす。呂律(りよりつの、物に適はざるは、人の(とがなり。(うつはもの(しつにあらず」と申しき。

注釈

 四条黄門(しでうのくわうもん

  藤原隆資。権中納言。「黄門」は中納言の唐名。南朝群に属して男山で戦死。死後、左大臣。

 竜秋(たつあき

  豊原竜秋。笙の名門、豊原家の出身。天皇や、隆資の師。

 横笛

  横向きに吹く笛。

 景茂(かげもち

  大神景茂。笛の名手で、筑前守。

 (しやう

  雅楽で使う管楽器。

SNSでもご購読できます。