徒然草 第二百三十七段

現代語訳

 道具箱の蓋の上に物を置く際には、縦に向けたり横に向けたり、物によってそれぞれだ。巻物は、溝に向かって縦に置き、組木の間から紐を通して結ぶ。硯も縦に置くと筆が転がらなくて良い」と三条実重が言っていた。

 勘解由小路家の歴代の能書家達は、間違っても硯を縦置きにしなかった。決まって横置きにしていた。

原文

 柳筥(やないばこ(うる物は、縦様(たてさま横様(よこさま、物によるべきにや。「巻物(まきものなどは、縦様に置きて、木の(あはひより紙ひねりを通して、(い附く。(すずりも、縦様に置きたる、筆転ばず、よし」と、三条(さんでうの右大臣殿仰せられき。

 勘解由小路(かでのこうぢの家の能書(のうじよの人々は、仮にも縦様に置かるゝ事なし。必ず、横様に(ゑられ(はべりき。

注釈

 柳筥(やないばこ

  柳の組木細工で作った箱。二つの足を台に付け、蓋には、烏帽子、冠、お経、書物、硯、筆を載せた。三角に切った柳の木材を紐で結んで作ったのでギザギザの溝がある。

 三条(さんでうの右大臣殿仰

  右大臣は内大臣の誤りで、三条実重か。太政大臣。その息子、公茂との説もある。

 勘解由小路(かでのこうぢの家

  書能家、藤原行成の家系。

SNSでもご購読できます。