徒然草 第二百三十九段

現代語訳

 十五夜と十三夜は牡羊座が輝いている。その頃は空気が澄んでいるから月を観賞するのにもってこいだ。

原文

 八月(はつき十五日・九月(ながづき十三日は、婁宿(ろうしゆくなり。この宿(しゆく清明(せいめいなる(ゆゑに、月を(もてあそぶに良夜(りやうやとす。

注釈

 婁宿(ろうしゆく

  古代中国の天文学で、黄道に近い二十八星座を基準に月や太陽の位置を示した。これを二十八宿と呼び、「婁宿」は、その一つ。

SNSでもご購読できます。