感謝のおもいがあふれるとき

徒然草 第六十八段

現代語訳

 九州に、何とかと言う兵隊の元締めがいた。彼は、「大根を万病の薬である」と信じて疑わず、毎朝二本ずつ焼いて食べることを長年の習慣にしてきた。

 ある日、警備の留守を見計らうように敵が館を襲撃し、彼を包囲してしまった。すると、どうしたことか、見知らぬ兵隊が二人現れて、捨て身の体勢で戦い、敵を撃退してくれた。とても不思議に思って「お見かけしないお顔ですが、このように戦って頂きまして、一体どちらさんですか?」と尋ねると「あなたがいつも信じて疑わず毎朝、食べていた大根でございます」とだけ答えて去っていった。

 どんなことでも深く信じてさえいれば、こんなラッキーなことがあるのかも知れない。

原文

 筑紫(つくしに、なにがしの押領使(あふりやうしなどいふやうなる(もののありけるが、土大根(つちおほね(よろづにいみじき薬とて、朝ごとに(ふたつづゝ(やききて食ひける事、年(ひさしくなりぬ。

 (ある時、(たち(うちに人もなかりける(ひまをはかりて、(かたき襲ひ来りて、(かこ(めけるに、(たち(うち(つはもの二人(で来て、命を(しまず戦ひて、皆((かへしてンげり。いと不思議(ふしぎに覚えて、「日比こゝにものし給ふとも見ぬ人々の、かく(たたかひし給ふは、いかなる人ぞ」と問ひければ、「年来(としごろ(たのみて、朝な朝な(めししつる土大根(つちおほねらに(さうらう」と言ひて、(せにけり。

 (ふかく信を(いたしぬれば、かゝる徳もありけるにこそ。

注釈

 筑紫(つくし

  ここでは九州全体を指す。

 押領使(あふりやうし

  地方での暴動を鎮圧するために、兵隊を率いる役職。

 土大根(つちおほね

  大根のこと。

徒然草 第四十七段

現代語訳

 ある人が清水寺に、お詣りに出かけた。一緒についてきた年寄りの尼さんが道すがら、「くさめ、くさめ」と言い続けてやめない。「婆さんや、何をそんなにのたまわっているのだ」と尋ねても、老いた尼さんは返事もせず、気がふれたままだ。しつこく尋ねられると、老いた尼さんも逆上して、「ええい、うるさい。答えるのも面倒くさい。くしゃみをしたときに、このまじないをしなければ、死んでしまうと言うではないか。あたしが世話した坊ちゃまは賢くて、比叡山で勉強しているんだ。坊ちゃまが、今くしゃみをしたかも知れないと思うと気が気でないから、こうやってまじないをしているのだ」と言った。

 殊勝なまでの心入れをする変人がいたもんだ。

原文

 或人(あるひと清水(きよみづへ参りけるに、老いたる尼の行き連れたりけるが、道すがら、「くさめくさめ」と言ひもて行きければ、「尼御前(あまごぜん、何事をかくはのたまふぞ」と問ひけれども、応へもせず、なほ言ひ(まざりけるを、度々問はれて、うち腹立ちて「やゝ。(はなひたる時、かくまじなはねば死ぬるなりと申せば、養君(やしなひきみの、比叡山(ひえのやま(ちごにておはしますが、たゞ今もや(はなひ給はんと思へば、かく申すぞかし」と言ひけり。

 ((がたき志なりけんかし。

注釈

 清水(きよみず

  京都市東山区にある、音羽山清水寺。

 くさめ

  くしゃみをしたときに唱える、まじないの呪文。「休息命(くそみょう」を早口で言った言葉。

 養君(やしないきみ

  乳母が養育した貴族のご子息。

 比叡山(ひえのやま

  比叡山延暦寺。