徒然草 第二百三十三段

現代語訳

 何事でも失敗を避けるためには、いつでも誠実の二文字を忘れずに、人を差別せず、礼儀正しく、口数は控え目でいるに越したことはない。男でも女でも、老人でも青二才でも同じ事である。ことさら美男子で言葉遣いが綺麗なら、忘れがたい魅力になろう。

 様々な過失は、熟練した気で得意になったり、出世した気で調子に乗って人をおちょくるから犯すのだ。

原文

 (よろづ(とがあらじと思はば、何事にもまことありて、人を(かず、うやうやしく、言葉少からんには如かじ。男女(なんによ・老少、皆、さる人こそよけれども、(ことに、若く、かたちよき人の、(ことうるはしきは、忘れ難く、思ひつかるゝものなり。

 (よろづ(とがは、(れたるさまに上手(じやうずめき、所得(ところえたる気色(けしきして、人をないがしろにするにあり。

SNSでもご購読できます。