徒然草 第十六段

現代語訳

 宮中サロンの演奏会は優雅で心を揺さぶる。

 よく響いて聞こえてくる音は、普通の笛と小さな竹笛の音色で、いつまでもずっと聴いていたいのは、琵琶や琴の音だ。

原文

 神楽(かぐらこそ、なまめかしく、おもしろけれ。

おほかた、ものの(には、笛・篳篥(ひちりき。常に聞きたきは、琵琶(びは和琴(わごん

注釈

 笛

  神楽に使う大和笛。

 篳篥(ひちりき

  中国から伝えられた竹の笛。

 琵琶(びわ

  雅楽に使う琴。

 和琴(わごん

  伴奏に使う日本の弦楽器。

SNSでもご購読できます。