徒然草 第二十五段

現代語訳

 気ままに流れる飛鳥川は、昨日まで深かった場所が、翌日には浅瀬になっている。人の生きる世界も永遠に今の状態で続くことはない。時は過ぎ、始まりは終わりになり、喜びや悲しみも過ぎ去る。繁華街も整地されて原野となり、古民家の住人も過去に住んだ人とは違う。昔から咲いているのは、桃やスモモの木だけだ。彼らはコミュニケーション能力を持たないから、昔日の繁栄を語り継ぐ術を持たない。だから、見たこともない太古の大遺跡は、あぶくと一緒だ。

 京極殿や法成寺の廃墟を見ると、施工主の願いが叶わず、都市計画の跡形さえないので、心に淋しい風を立てる。藤原道長がデベロッパーとなり、土地を転がし、複合施設を建設してピカピカに磨き上げた。当時は「自分の肉親だけが天皇を食い物にして、いつまでもこんな日が続きますように」と願っていただけに、どんな世界になろうとも、ここまでメチャクチャになるとは想像さえしなかっただろう。寺院の門や、本殿は最近まで残っていたが、花園天皇の時代に南の門が火災にあった。本殿も地震で倒壊し、復旧計画は無い。阿弥陀堂だけは現存しており、五メートル弱の仏像が九体並び「我関せず」と他人事のように安置されている。達筆な藤原行成が書いた額縁や、源兼行が書いた扉の文字が鮮やかに残っている光景は、異様なほど虚しい。仏道修行をする建物もまだ残っているが、そのうち燃えて無くなるだろう。このような伝説さえなく、建物の基礎だけある場所などは、知る人もなく、いかなる物か謎だけが残る。

 この例からも、自分の死後、見ることが不可能な世界のことを思って、何かを計画するのは、森羅万象、無駄であり意味がない。

原文

 飛鳥川(あすかがは淵瀬(ふちせ、常ならぬ世にしあれば、時移り、事去り、楽しび、悲しび行きかひて、はなやかなりしあたりも人住まぬ野らとなり、変らぬ住家は人改まりぬ。桃李(たうりもの言はねば、(たれとともにか昔を語らん。まして、見ぬ古のやんごとなかりけん跡のみぞ、いとはかなき。

 京極殿(きやうごくどの法成寺(ほふじやうじなど見るこそ、志(とどまり、事変じにけるさまはあはれなれ。御堂殿(みだうどのの作り磨かせ給ひて、庄園(しやうゑん多く寄せられ、我が御族(おんぞうのみ、御門(みかど御後見(おんうしろみ、世の固めにて、行末までとおぼしおきし時、いかならん世にも、かばかりあせ果てんとはおぼしてんや。大門(だいもん金堂(こんだうなど近くまでありしかど、正和(しやうわ(ころ、南門は焼けぬ。金堂は、その後、倒れ伏したるまゝにて、とり立つるわざもなし。無量寿院(むりやうじゆゐんばかりぞ、その形とて残りたる。丈六(ぢやうろくの仏九体、いと(たふとくて並びおはします。行成(かうぜいの大納言の額、兼行(かねゆきが書ける(とびら、なほ鮮かに見ゆるぞあはれなる。法華(ほつけだうなども、未だ侍るめり。これもまた、いつまでかあらん。かばかりの名残だになき所々は、おのづから、あやしき(いしづゑばかり残るもあれど、さだかに知れる人もなし。

 されば、万に、見ざらん世までを思ひ(おきてんこそ、はかなかるべけれ。

注釈

 飛鳥川(あすかがわ

  奈良県高市群明日香村を流れる川。流れや流域が季節によって変わるため無常の象徴とされた。「世の中は何か常なる飛鳥川昨日の淵ぞ今日は瀬となる」という歌から「飛鳥川の淵瀬」は「常ならぬ」の序詞になった。

 桃李(とうり

  『和漢朗詠集』に「桃李(ものいハズ、春(いくばくカ暮レヌル。煙霞(えんか(あと無シ。昔(たれ(ンジ」とある。

 京極殿(きょうごくどの

  藤原道長の邸宅。土御門弟(つちみかどていとも。土御門の南、京極の西にあったが全焼した。

 法成寺(ほうじょうじ

  道長が京極殿の東、鴨川近くに建設した大寺。

 御堂殿(みだうどの

  藤原道長(注釈4参照)のこと。法成寺の阿弥陀堂(無量寿院、注釈9参照)を京極御堂と呼んだため。

 ruby>御門(みかど御後見(おんうしろみ

  天皇の政治における後見役。

 大門(だいもん

  寺院の総門。法成寺には東西南北に門があった。

 金堂(こんどう

  伽藍の中心にある、本尊をまつる仏殿。

 正和(しょうわ(ころ

  花園天皇の時代。千三百十二年から千三百十七年の頃。

 無量寿院(むりょうじゅいん

  法成寺の阿弥陀堂の名前。

 行成(こうぜいの大納言

  藤原行成。平安時代中期の廷臣。多芸多才で名を馳せる。三蹟の一人。

 兼行(かねゆき

  源兼行。能書家。

 法華(ほっけどう

  天台宗で法華三昧の行を行う仏堂のこと。法華三昧堂の略。

SNSでもご購読できます。

ソーシャル