徒然草 第八十三段

現代語訳

 竹林入道、西園寺公衡は、最高長官へと出世するのに、何の問題も無くトントン拍子で進んだのだが「長官になっても、何ら変わったことも無いだろうから大臣で止めておこう」と言って出家した。洞院左大臣、藤原実泰も、これに感動して長官出世の望みを持たなかった。

 「頂上に登りつめた龍は、ジェットコースターの如く急降下するしかあるまい。後は悔いだけが残る」と言う。太陽は黄昏に向かい、満月は欠け、旬の物は腐るのみ。森羅万象、先が見えている物事は破綻が近い証拠である。

原文

 竹林院入道(ちくりんゐんのにふだう左大臣殿、太政大臣(だいじやうだいじん(あがり給はんに、何の滞りかおはせんなれども、珍しげなし。一上(いちのかみにて(みなん」とて、出家し給ひにけり。洞院(とうゐんの左大臣殿、この事を甘心(かんじんし給ひて、相国(しやうこくの望みおはせざりけり。

 「亢竜(こうりうよう(くいあり」とかやいふこと(はべるなり。月満ちては(け、物盛りにしては衰ふ。(よろづの事、(さき(まりたるは、破れに近き道なり。

注釈

 竹林院入道(ちくりんゐんのにふだう左大臣殿

  西園寺公衡(きんひら。左大臣になり三ヶ月で辞退した。竹林院と号する。法名、静勝(じょうしょう

 太政大臣(だいじやうだいじん

  左大臣の別名。大政官僚の任務を統括する。

 洞院(とうゐんの左大臣殿

  藤原実泰。左大臣になり、一年で辞任する。

 相国(しやうこく

  太政大臣を唐制で呼んだ名前。

 亢竜(こうりうよう(くい

  登りつめた竜は下るしか無い。そこには悔いしかない。「亢竜、悔有リ」と『易経』にある。

 月満ちては(け、物盛りにしては衰ふ

  「語ニ曰ク。日中スレバ則チ移リ、月満ツレバ則チ虧ケ、物盛ンナレバ則チ衰フ。天地ノ常数ナリ」と『史記』にある。

SNSでもご購読できます。