徒然草 第百十四段

現代語訳

 今出川の大臣が嵯峨へ出かけた時に、有栖川あたりの泥濘んだ場所で運転手の賽王丸が牛を追ったので、牛が蹴り上げる水が車のフロントバンパーに飛び散った。後部座席に乗っていた、大臣の舎弟、為則が「おのれ、こんなところで牛を追う馬鹿がいるか」と罵ったので、大臣はにわかに機嫌が悪くなり「お前が車の運転をしたところで賽王丸に及ぶまい。お前が本当の馬鹿者だ」と言い放ち、車に為則の頭を打ち付けた。噂の賽王丸とは、内大臣、藤原信清の家来で、元は皇室のお抱え運転手だった。

 信清内大臣に仕える女中は、今となっては何のことだか分からないが、一人は膝幸、一人はこと槌、一人は抱腹、一人は乙牛と、牛にちなんだ名前が付いていた。

原文

 今出川(いまでがは大殿(おほいどの嵯峨(さがへおはしけるに、有栖川(ありすがはのわたりに、水の流れたる所にて、賽王丸(さいわうまる、御牛を追ひたりければ、あがきの水、前板(まへいたまでさゝとかゝりけるを、為則(ためのり御車(みくるまのしりに候ひけるが、「希有(けう(わらはかな。かゝる所にて御牛をば追ふものか」と言ひたりければ、大殿(おほいどの御気色(みけしき(しくなりて、「おのれ、車やらん事、賽王丸にまさりてえ知らじ。希有(けうの男なり」とて、御車に(かしらを打ち当てられにけり。この高名(かうみやうの賽王丸は、太秦殿(うづまさどのの男、(れうの御牛飼(うしかひぞかし。

 この太秦殿に(はべりける女房の名ども、一人はひざさち、一人はことづち、一人ははふばら、一人はおとうしと付けられけり。

注釈

 今出川(いまでがは大殿(おほいどの

  太政大臣、西園寺公相(さいおんじきんすけ

 嵯峨(さが

  京都市右京区嵯峨の場所。

 有栖川(ありすがは

  嵯峨にあった地名。

 賽王丸(さいわうまる

  西園寺家の、公経(きんつね実氏(さねうじ公相(きんすけの三代に仕えた牛飼い。

 あがきの水

  牛が地面を蹴って跳ねた水。

 為則(ためのり

  伝未詳。公相の家来か。

 太秦殿(うづまさどの

  藤原信清。内大臣。

 (れうの御牛飼(うしかひ

  後嵯峨院に仕えた御牛飼。

SNSでもご購読できます。