徒然草 第二百段

現代語訳

 呉竹は葉が細く、河竹は葉が広い。帝の御座所の池にあるのが河竹で、宴会場に寄せて植えられたのが呉竹である。

原文

 呉竹(くれたけは葉細く、河竹(かはたけは葉広し。御溝(みかわに近きは河竹、仁寿殿(じじゆうでんの方に寄りて植ゑられたるは呉竹(くれたけなり。

注釈

 呉竹(くれたけ

  中国から渡来したので「唐竹」とも言う。別名を「ハチク」という。

 河竹(かはたけ

  女竹、なよたけ、にがたけ。

 御溝(みかわ

  御溝水の略で、宮中の庭園を流れる溝。ここでは、清涼殿の前にある溝。

 仁寿殿(じじゆうでん

  清涼殿の西にある建物で、宴会、角力、御遊が開催される場所。

SNSでもご購読できます。