徒然草 第二十四段

現代語訳

 神に仕える斎宮が選定され、伊勢神宮に籠もる前に嵯峨野で身を清めている姿は世界一、優美であるに違いない。「お経」とか「仏様」という忌み言葉を使わず「染めた紙」とか「中子」などと呼び、縁起を担いでいるのは面白い。

 どこでも神社というのは、素通りできないほど神がかっている。古びた森の姿が、ただ事ではない様子を呈しているところに、周りに塀を作って、榊の葉に白い布が掛けられている姿は、オーラを感じずにはいられない。そんな神社の中でも特におすすめスポットは、伊勢神宮、二つの賀茂神社、奈良の春日大社社、京都の平野神社、大阪の住吉大社、奈良県桜井市三輪町の大神神社、京都市の貴船神社、同じく吉田神社、大原野神社、松尾神社、梅宮神社、などである。

原文

 斎宮(さいわうの、野宮(ののみやにおはしますありさまこそ、やさしく、面白き事の限りとは覚えしか。「(きやう」「(ほとけ」など忌みて、「なかご」「染紙(そめがみ」など言ふなるもをかし。

 すべて、神の(やしろこそ、捨て難く、なまめかしきものなれや。もの古りたる森のけしきもたゞならぬに、玉垣(たまがきしわたして、榊木(さかき木綿(ゆふ(けたるなど、いみじからぬかは。殊にをかしきは、伊勢・賀茂・春日(かすが・平野・住吉・三輪・貴布禰(きぶね・吉田・大原野(おおはらの松尾(まつのを梅宮(うめのみや

注釈

 斎宮(さいわう

  天皇の即位の際に皇室から選定され、伊勢神宮に奉仕する未婚の姫、女王。

 野宮(ののみや

  斎宮に選ばれた姫、女王が身を清めるための建物。京都、嵯峨野にあった。

 「(きやう」「(ほとけ」など忌みて、「なかご」「染紙(そめがみ」など言ふ

  『延喜式』には「(およソ、忌詞(いみことば、内七言、仏ハ中子(なかごト称シ、経ハ染紙(そめがみト称シ、塔ハ阿良良岐(あららぎト称シ、僧ハ髪長(かみながト称シ、尼ハ女髪長ト称シ、(いもひ片膳(かたしきト称す」とある。

 玉垣(たまがき

  神社の周囲を巡る塀のこと。

 木綿(ゆふ

  (こうぞの皮を剥いで作った生地。榊の枝に掛けて奉納に使われる。

 伊勢・賀茂・春日(かすが・平野・住吉・三輪・貴布禰(きぶね・吉田・大原野(おおはらの松尾(まつのを梅宮(うめのみや

  伊勢市の伊勢神宮。京都市の賀茂別雷神社、賀茂御祖神社。奈良市の春日大社。京都市の平野神社。大阪市の住吉大社。奈良県の大神神社。京都市の貴船神社。京都市の吉田神社。京都市の大原野神社。京都市の松尾神社。京都市の梅宮神社。

SNSでもご購読できます。