徒然草 第百四十三段

現代語訳

 大往生の話を人が語っているのを聞くと、「ただ、静かに取り乱すこともなく息を引き取りました」と言えば良いものを、つまらない人間が、妙に変わった脚色をして、最後の言葉や動作などを勝手に改竄して誉めたりする。死んだ本人にとっては、飛んだ迷惑でしかないだろう。

 死という大事件は、神や仏でさえ決定できない。どんなに勉強しても解明できない未知の世界だ。自分さえ良ければ、他人が何を言おうと関係ない。

原文

 人の終焉(しゆうえんの有様のいみじかりし事など、人の語るを聞くに、たゞ、静かにして乱れずと言はば心にくかるべきを、(おろかなる人は、あやしく、(ことなる(さうを語りつけ、言ひし言葉も振舞も、(おのれが好む(かたに誉めなすこそ、その人の日来(ひごろ本意(ほいにもあらずやと(おぼゆれ。

 この大事は、権化(ごんげの人も(さだむべからず。博学の士も測るべからず。己れ(たがふ所なくは、人の見聞くにはよるべからず。

注釈

 権化(ごんげ

  神や仏が現世を救済するために仮の姿で降臨すること。

SNSでもご購読できます。

ソーシャル