徒然草 第二十九段

現代語訳

 静かに瞑想して想い出す。どんな事もノスタルジーだけはどうにもならない。

 人々が寝静まった後、夜が長くて暇だから、どうでもよい物の整理整頓をした。恥ずかしい文章を書いた紙などを破り捨てていると、死んだあの子が、歌や絵を書いて残した紙を発見して、当時の記憶が蘇った。死んだ人はもちろん、長い間会っていない人の手紙などで「この手紙はいつ頃の物で、どんな用事だっただろう?」と考え込んでしまうぐらい古い物を見つけると、熱いものがこみ上げてくる。手紙や絵でなくても、死んだ人が気に入っていた日用品が、何となく今日までここにあるのを見れば、とても切ない。

原文

 静かに思へば、万に、過ぎにしかたの恋しさのみぞせんかたなき。

 人静まりて後、長き夜のすさびに、何となき具足(ぐそくとりしたゝめ、残し置かじと思ふ反古(ほうごなど((つる中に、(き人の手習ひ、絵かきすさびたる、見(でたるこそ、たゞ、その折の心地すれ。このごろある人の(ふみだに、久しくなりて、いかなる折、いつの年なりけんと思ふは、あはれなるぞかし。手馴れし具足(ぐそくなども、心もなくて、変らず、久しき、いとかなし。

注釈

 人静まりて

  人が眠る時間。現在の午後十時頃。

 反古(ほうご

  「ほご」とも。書き汚した不要の紙。

SNSでもご購読できます。